忘却の墓

6人PT TA 5分半残し 剣リ召召双邪

ブレイドアンドソウル 忘却の墓6人PT 迅速討伐 5分半残し @ 2016.02.28

そーぶ士を含む門派メンバー6人で挑戦。火力的にきついかなー?って思ってたらかなり簡単に倒せちゃいましたね。電流ギミックが簡素化されたので、両サイドなんて脳筋で殴ってればOKという・・・。

 


 

6人PT TA 5分10秒残し 拳リ召召邪邪

門派メンバーでたまたま6人集まったのでTA業績チャレンジしてみた。ミスらなければ3分以下でいけそうだね。降神+闘志発散の火力はほんとにやばい・・・。

 


 

6人PT TA 5分10秒残し 拳剣リ召(ち)邪邪

4人で注視・電流分散を回して残り2人はできるだけ玉を食べるというオーソドクスな方法。途中注視取り損ねたりというミスはあったけどうまい具合にリカバリが効いたので無事にクリアできましたね。ご協力頂いた皆さん、感謝です!

 


 

4人PT2分半残し 剣斧召(ち)邪

ブレイドアンドソウル 忘却の墓4人PT 2分30秒残し 剣斧召(ち)邪 イケニエ方式 邪術視点 @2015.11.15

召喚猫復活を使ったイケニエ方式。4はかもだいぶ安定して狩れるようになってきたね。。 まーなによりも「火力は正義」だと思うし、火力を出すためには適切な立ち回りと武功回しが必須。もう少し動きを良くして時間短縮したいもんだね。


4人用初回クリア(固定メンバ)

剣・斧・魔・邪 といういつものメンバーにて初回クリアできた時の動画。電気玉を残す回避ゲーだと死亡事故がかなり多いので、注視対象が電気玉を食べて死亡して電流をスキップする、通称イケニエ方式でのクリア。

途中、注視をミスったり、護符CTの都合上、タンクをイケニエに捧げてタゲ移ったりとゴタゴタがあったものの、最終クリアできたんで良しとしましょう。

ただ最後の最後、電流8デバフ目を入れるときに、3人接近したのはよろしくなかった・・。電流もらってない私が掴まれてたら、削りきれなかった可能性大(笑) 最後までちゃんと役割決めてやるほうが安心ですねぇ。

中国、韓国では既にスタンダードな方法と思われるので、とっくに4人周回ガンガンやってる人も多いと思うんだけど、一応解説的なことを少し。

イケニエ方式の基本的な原理は、動画を見てもらうとすぐ分かるけども、

  • 90%、60%、30%それぞれの注視フェーズにおいて、2回目に注視を取った人が、1回目で出た電気玉にぶつかって死ぬことで、2回目の玉生成と電流攻撃をスキップしつつ、浮遊玉を消す
  • 1回目で電流分散した人が2回目掴まれることで、電流バフはきっちり8回いれていく

というものだね。当然ながら、死亡者復活のために復活護符か猫復活がほぼ必須にはなるかなー。(もし十分な火力があれば、役割振られてない人が20秒かけて復活させるのでも間に合うかも?)

初回は安全を図って護符3枚使用したけど、後々のリトライで、ボスの位置調整を適切に行ない復活処置をスピーディにやれば、復活護符を使わなくてもいけるってのも判明。

一応上記要素を理解して実現できれば、攻撃700前後の火力で十分クリアできるかと。ただ90%と30%は比較的簡単だけども、60%が近距離注視でなおかつ玉に当たるというのが、結構シビアなことが多い。なのでもういっちょ工夫して、

  • まず1回目で3人で電流分散、誰か1人が掴まれて投げられる
  • 1回目の電流が溜まっている1人で2回目の近距離注視を取って、1回目の玉を1つだけ食べて死亡する
  • 1回目の電流が溜まっているもう1人が掴まれて投げられる、玉1つはスルーしておく(この時点で1人死亡、3人電流なし)
  • 3回目を3人で分散させて、掴まれor抵抗する、死亡者も復活して浮いた玉を食べる

こうすると3人or4人が電流バフ状態で45秒ほぼフルに叩ける上に、死亡者の復活が仮に遅くなっても、近距離注視3回目を3人で確実に分散させることが可能。

・・・・長いね! 頑張って書いたけど誰もこんなん読まないね! いいんだよ、まぁ要は、死んで覚えろっつう話ですよ!

もしまだ惜しくも 「4人クリアできてないよぅ、ふぇぇぇぇん」 って女子がいたら、動画を少しだけ参考にしてもらいつつ、ね。一緒に4はか周回してくれると嬉しいなー。


6人用初回クリア

忘却の墓6人PT 暴走大聖初討伐 邪術視点 @2015.10.22

ぐだぐだでもいいじゃない。はじめてだもの。

いわゆるゾンビアタックでなんとか時間ギリで倒せました。猫最強。でもまぁ最初は下手くそでも、練習してうまくなればいいんですよ。

クリア経験者がいたこともあって、6人で5~6回の試行(1時間程度?)で倒せたのでらっきー。途中、少々叩けなくても、電流バフをきっちりボスに入れていく(掴まれにいく)ことが大事ですね。

6人を死亡者なしでクリアできるくらいになったら4人も挑戦したいですねぇ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。