だからバンジーも成立するのですね。

クラン紹介cgiがどうも以前からのスペースでは動かない模様なので新しい場所に移ることにしました。ここはスペースが200Mくらいあるようなのでちょっとやそっと画像をアップしても問題ないでしょうね。cgiのスキンをROSE仕様にするのも結構労力を使います。単に私がhtmlに精通してないからでしょうが。。

それはさておき。少し前の話ですが、ある初めての体験をしてしまいました。私は普段は布団でうつ伏せになって寝るのですが、その日はお泊り中でベッドで寝ていたのです。・・・一人でですよ。するとまぁ暑くなったりしてゴロンと寝返りをうちますよね。そこで事件は起きました。ええ、ベッドから落下しました。
い、いや、事件はそれだけじゃないのです。ベッドから落ちる時というのはよく世間一般では、空を飛んでいたら突然落ちて行ってしまう夢だったり、あるいは泳いでいて突然溺れる夢だったりを見るといいます。そんなもの一切なかったです。それはもう皆無です。なんですかこの仕打ちは。こんなに夢のない話があっていいのでしょうか。(うまいこと言った)

・・・ウケなかったら鮮やかにスルーするのみです。というかですね、実は私、落下していくその瞬間に目が覚めたんですよ。落ちてから目が覚めるんじゃなくて落ちている時に覚める。これは偶然じゃないと思うのです。というのも人間の内耳にある耳石器は直線加速度を感知すると言われていますが、横方向の加速度は乗り物で頻繁に感じますが、高さ方向の大きな加速度というのははあんまり感じることはありません。それこそ自由落下でもしない限り。とすると、突然大きな加速度を感じて、その信号が極めて短時間で大脳に伝わって覚醒を促したのではないかと推測できるのです。ということは。よく高いところから飛び降り自殺をしたりすると、恐怖で意識を失って落ちるから痛くないとか思うかもしれませんが、本当に意識を失うかどうかはあんまり期待できないことになります。さらに、寝てはいけないのに眠たくてたまらないときなんかは、わざとベッドから落下してみると覚醒できるのではないでしょうか。

恥ずかしい失敗からも頑張ればひとつくらい役立ちそうなことを書ける事が分かりましたね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中