てへっ、じゃねーよ。

皆さんはコンビニのトイレを利用されたことがあるでしょうか。私はといえば、本屋で本を物色してたら必ず便意を催してしまうという人間なので、本屋をやや急ぎ足で出た後に近くのコンビニに駆け込むことが常なのであります。すると最近は徐々に改善されていますが、それでも田舎のコンビニなんぞはまだトイレが1つしかなく、男女兼用みたいなところが結構あります。まぁ鍵をかければ何も問題はないのでしょうけど、やはり少し緊張しながら用を足すことになるんですよ。さて、目的を達してトイレを出ようとしたそのときに事件は起きました。

私が颯爽とトイレのドアを開けまして外に出ようとしたら、ちょうどトイレに来られた女性とかち合ったのですね。ところがその女性の驚きっぷりが半端じゃない。私が思いっきりその行為の最中ならともかく、綺麗に身なりを整えているにも関わらず驚愕の目で私を見詰めます。彼女がそんな表情を取った理由を私は一瞬でいくつか挙げてみました。

  1. 私の顔に何か付いていた。(日常的です)
  2. 私の顔の構造が驚くべきものだった。(SFならありえます)
  3. その表情が彼女のデフォルトである。(可能性がないとは言えません)
  4. 私の後ろに男性がいた。(ホラーです。色んな意味で。)

しかし理由を想像して見詰め合っても詮無きことですから、私のほうからトイレを譲りつつ、紳士的に語り掛けました。
「どうかされましたか?」
ところが彼女は何も言わず、私が出たトイレに入ることもなくその場を立ち去っていきました。これは私にとっても心外です。私の後のトイレは使いたくないということでしょうか。いったい何がいけないというのでしょう。

男子トイレが向かいにあるのに、女子トイレに入った私がいけなかったようです。てへっ。

広告