チックタックって音が可愛い。

何年も前の会食に関しての記憶があるほうが怪しいと思う。

さて、3連休。やることはもう決まっている。11/22に、Circus からエターナルファンタジーが発売された。Circus と言えば「水夏」、「ダ・カーポ」などアダルトゲーム界の歴史に残ると言っても過言でない傑作を出してきたブランドであり(どれもやってないけど)、そこが今度は本格RPGを出したとなれば、それはもうプレイせずにはいられない。金曜は奥様は夜勤で、夜ははるぽんと二人で留守番するので、彼が寝た後から徹夜モードに入るつもりであった。がしかし例のごとく一緒に寝てしまってまだ何もできていない(笑) 今夜こそは徹夜しよう。

つい先日 AMD から Phenom シリーズが発売された。その少し前には Intel が Penryn を出しており、最近の CPU 情勢が面白いことになっている。Intel が明らかにしたロードマップもとても面白い。それは「チックタックモデル」と呼ばれ、マイクロアーキテクチャの変更と、製造プロセスの縮小を1年おきに交互に進めていくというものである。具体的に書くと2007年の Penryn 世代で既存 65nm プロセスから 45nm にシュリンクさせ、2008年の Nehalem は 45nm のまま、アーキテクチャを刷新する。次の2009年はアーキテクチャはあまり変えずに 32nm にシュリンクする。2010年は 32nm の新アーキテクチャ Gesher が出る、といった感じだ。私は次の CPU は Nehalem 世代の4コアを買うつもりでいる。Nehalem 世代では8コアや GPU 統合の話もあるので楽しみだ。8コアとか、軽く10万超える価格だろうな。。

このチックタックモデルはとても合理的なプランで、ソフト開発なんかでもこの作戦が使えるような気がするんだけど、いかがだろうか。たとえばインタフェースやユーザビリティなど、目に見える部分の大幅な変更と、コードの高速化、最適化といった目につかない部分のアップデートを交互に進めていくとか。あるいは Windows においては、企業用 OS と個人使用の OS に分けて、それを1年か2年ごとに交互に更新するとか。インタフェースなどは個人使用の OS で大きく変えるわけだ。そこで1年程度の練習期間があるから、次の年に出る企業 OS への移行がすんなりいけるという作戦である。まぁ種類が増えればサポートが大変になるけども。私は OS というのは最低でも2年、希望は1年で変わっていってもらいたいと思っている。 Linux 系はそのあたりのロードマップが明確で、遅れもあまりなくてありがたい。マイクロソフトも見習ってほしいものだ。でも1年で変わると言っても、今の MSN Messenger や WMP のようにほとんど変更がないくせにやたらバージョンだけ上がっていくのもやめて欲しい。なかなか期待通りにはいかないなぁ。

机いいよ、机。

間違いなく、良い道具があると、良い仕事ができる。誰にとって「良い」のかは分からないが。

昨日、食洗器と椅子が届いた。しかし食洗器のほうはは、うちのキッチンに合う分岐水栓をもってきてないらしく、取り付けできずにまた帰っていった。もう数日お預けか。土曜は夕方から夜中まではるぽんと留守番なのだが、6時ごろ彼は眠さの限界に達したらしい。手が空いたところでまたパスタを作って食べた。今回はレトルト(?)のトマトソースを使ったので結構簡単にできたな。麺を少し茹ですぎたけれど、味はまぁまぁのものだった。その後彼が起き出したので、パスタの残りと適当なご飯を食べさせて、一緒に風呂に入った。風呂から上がるとちょうどTVでサッカーをやっていて、ハーフタイム頃にまた彼は眠くなったようなので寝かすことに。そして気づいたら、朝だった。不覚。。

PCを触ったり文字を書いたりするとき、普通に椅子に座って机で書くか、座椅子のようなものに座って低いテーブルで書くか、の大きく2通りがあると思う。私は今まで家ではずっと後者のほうでやってきたのだが、椅子に座って机に向かってみると、こっちのほうがいいな、と思ってしまった。まぁこれは好みが分かれるところだろう。私が今回買った無印の机はかなり良い感じだと思うので、机派の人たちのために、どんなもんか紹介しよう。ちょうど今無印がキャンペーンで10%オフとかやってるみたいだし、低いテーブルから乗り換えようと考えている人にもオススメである。

まず今回の買い物は3品だった。SUSスチール棚セット、SUSデスク脚、デスク天板である。私が買ったときは、送料無料で合わせて33600円。1セットとかになっていないから、これで本当に完成するのか(ちゃんと組み合わすことができるのか)、最初はちょっと不安である。その辺はあまりユーザーに優しくないネットストアだと言える。きっとあんまり売れてないだろう(笑) 余談になるが最近は棚といわずシェルフというのが流行ってるのだろうか。どう考えても「ブックシェルフ」と書くよりかは「本棚」のほうが簡単で分かりやすいと思う。

071118-01

一応組み立て後の写真が無印サイトにあった。今回の買い物は、写真でいう右下の棚と椅子がない状態にあたる。注文した机のサイズは幅1600mm、奥行き520mm、高さ700mm程度のものだ。幅が長いように思えるが、左側には棚がかぶってくるため、400mmほどは塞がる思ったほうが良い。それでも1200mmあるのでディスプレイを広々2台置くことができる。マルチディスプレイも問題ない。奥行きは800mmの組み合わせもあるようだ。本当はこちらが良かったのだが、設置場所の都合上、520mmのほうにした。

20071118-02

これが骨組みまで組んだところ。組み立てはすべて一人でやったが、取説に「作業は必ず二人以上で」と書いてあるとおり、結構しんどかった。特に女性一人作業は厳しいと思われる。

20071118-03

そして天板と棚板を取り付けたところ。この天板が20~30kgはありそうな重さで、重心から遠いところを持ったりするので余計重い。天板は下からネジ止め、棚板は説明しづらいが付属の六角レンチで4箇所を固定する感じ。棚板は全部で6段あって、チャチな作りという感じではないので、きっちり締めてしまえば、1段に40~50kgは載せても問題ないだろう。

20071118-04

これは作業途中に邪魔をしているはるぽん。ネジなど、ちょっとしたものをプリンタの給紙トレイに詰め込むのが彼のブームらしい。まぁそのブームは1日で終わるわけだが。

20071118-05

クロスフレームを机と棚の背面に適当に取り付けて完成。これはあってもなくてもあんまり変わらないように思うが、なんとなくデザインも悪くないので取り付けて良いだろう。作業時間は一人のんびりやって3時間程度だろうか。二人でテキパキやったら1時間もかからないだろう。ちなみにこの左のディスプレイは17インチ(1280*1024)、隣のノートが13.3インチワイド(1280*800)である。またまた余談だが、このノートは会社で使ってる DELL のもので、 Centrino Duo プラットフォームで Vista 搭載というなかなかの優れものである。これ貰えないかなぁ。。(笑) 写真のような感じでキーボードが2つ並ぶ場合、右下に棚などあっても邪魔になってくると思われるので買わなかった。

というわけで紹介はこれくらいにして、長くなっているが最後にちょっと真面目なことを書こう。繰り返しになるが、ちゃんとした机やテーブルがあると、今までやるのが億劫だったいくつかの作業もやる気が沸くものだ。「もっと良いキッチンだったら、おいしい料理が出来るのに」という言葉もあながち間違いではない(それは「あなたじゃなかったら、おいしい料理ができるのに」という言葉と同じくらい正しい可能性がある)。つまりある程度「形から入る」ことも必要なのだ。そこで大事なのは、形から入ったけれどうまく出来なかったという場合に、それを自分以外のせいにしないことである。少なくとも私は、そこでなんだかんだと言い訳をしてしまう人を好きにはなれない。

感嘆する前に改善をしろ、と。

悲しみを無理に紛らわさなくても良い。悲しみという感情も必要だからこそ、我々は今なお悲しんでいるのだから。

最近あまりこのブログを更新できてない。土曜には洗濯機と PC 用の机が届いたので、それらを設置したりしていた。机はかなり良い感じだった。椅子はまだないが。。 洗濯機は、使ってないのでどうなのか不明。机ができてよーやく字を書く環境が整ったので、いくつか書類を書いて出した。やっぱり机と椅子は大事だなぁ、としみじみ思うね。

その新しい机に私が夜遅くまで向かっているのが気に入らないのかどうなのか分からないが、奥様の機嫌がここ数日とても悪い。もちろん数日どころかずっと前から機嫌が悪かった可能性も否定はできない。ただ、私が観察したところそう見えるというだけである。思うに、さっき書いた夜寝るのが遅いとか、炊飯器がうるさいからスイッチを勝手に切るとか、朝起きるのが遅いとか、そういうことが積み重なってイライラの頂点に達したのだろう。「あなたは私がイラつくことしかしない」とまで言われてしまった。「そうだったのかぁ」というのが正直なところである。「今までもずっと機嫌が悪かった」説がにわかに現実味を帯びてきたではないか。「イラつくことしかしない」というのは「あなたのすること全てが私をイラつかせる」ということであって、そう言われるのも、そう思われるのも、とても悲しい。しかし客観的に見れば、身から出た錆だ、ということになるだろう。

それにしても、悲しいと同時に正直、すごいな、と思ったりもする。私なら絶対にそんな言葉口にできない。それは私が何か弱みを握られていて立場的に口にできない、というわけではないから注意を願いたい。ましてや口内炎が痛くて物理的に口が利けないわけでもない。そんなことは、全く思いもよらないことだからだ。思いもよらないことは、口にできないのが普通である。それができる人は一度精神科に行ったほうが良い。本当に、悲しみつつもただただ、その思考に感嘆するばかりなのだ。こんなこと書くと皮肉だと思われそうだが、全然違う。こういったことが私はたまにある。「よくそんな考えに至るな」とか「よくそんなん言えるな」とか、そういった類の感嘆だ。皆さんもきっと経験があることだろう。これは例えばすごく図々しい人がいて、その人が主張することにびっくりする、というのとはまたちょっと違うのだ。図々しい人というのは、自分が他人より図々しいことを理解していて、その上でそうしていることが多い。そういった言動は感嘆に値しない。先ほどの例との違いが分かるだろうか。分からない人も、いずれ経験すれば、きっと理解頂けるだろう。まぁでも感嘆に値する思考に出会えたからと言って、何か特典があるわけでもない。強いて言えば、それを題材に1日分の更新ができるくらいである。

まぁ平和ならば、良いんだけども。

辞めないで、と言われて踏み止まるくらいなら、最初から言うなよ、と国民の半分以上が思っただろう。

だんだんと寒くなってきたね。もう暖房の季節かな。こないだ京都駅前のビッグカメラで、洗濯機と食洗器を買ったんだけども。洗濯機は分かるとしてどうして食洗器ってあんなにも高いんだろう。そこそこのものを買おうとしたら最低5万はする。絶対もっと安く作れると思うんだが。無印でパソコンを置くための机と椅子も買ったし、今月すでに20万近く使っている。もしかして私はお金を貯めることが苦手なんじゃないか、と最近気づいた。でもお金をつぎ込むわけような趣味があるわけでもなく、その点はバランスが取れていると言える。それにしても、今の仕事では数十万~数百万のでっかい装置や測定機器を買いまくってるわけで、正直購買の感覚が麻痺しがちだね。これは、会社の金で私物を買う人がいるのも頷ける。気をつけないと・・・。あと我が家に必要なものといえば、2台目のエアコン、掃除機、くらいだろうか。ぼちぼち揃えることにしよう。

大連立をもちかけたのは誰か、ということで最初は小沢さんだと報道してた各誌が、ほんとは渡邉恒雄だった、と言っているのに、読売だけがそのことをスルーして他のどうでもいい記事を書いてて笑えたな。大連立をもちかける、ってのは報道できないようなことなんだろうか。まぁ立場的には一民間人である人が、口出しするのは良いイメージではないか。報道できないことだと思うんなら最初からやるなよと。話が飛ぶが、最近この「~するくらいなら最初からやるなよ」と思う機会が多い気がする。沢尻エリカとかいう人が謝ってたのもそう。謝るくらいなら最初からあんな態度取らなきゃいいのに。きっと本人もそんな叩かれるとは思ってなかったんだろうな。私はあーいう態度が失礼だとは別に思わないが、許せない人が多かったということかねぇ。すべては本人の認識、見積りの甘さが原因か。日本人の危機管理の甘さは今に始まったことじゃないけども。あるいは、あーいったことが話題になって何日にも渡って報道されるほど、この国は平和だということか(笑)

さて、話を戻すが、今回の話で読売がどういう会社かってのが見えた人が多いだろう。かといって朝日も数字とか適当に捏造するから信用ならんのだけどね。いつも思うんだけどマスコミってどうしてあんな態度がでかいんかねぇ。誰かの謝罪会見や、新聞の社説にしてもそうで、まぁ論じるほど読み続けてるわけでもないんだけど、とにかく偉そうな態度が目に付く。うん、私がマスコミを好きになれないのは、単純にその偉そうな態度が気に入らないだけかもしれないな(笑)

Ubuntu 7.10 を使ってみる。

仮に人間より高等な生物がいたとしても、駅に群がる人間たちなどを見れば、たちまちに逃げ出したくなるだろう。そのあまりの気持ち悪さに。

・・・気づけばもう11月。どーりで寒いわけだ。なんか10月はやたら疲れた。今は体調もほぼ戻ってくれたようだ。健康ってのは大事だね。(しみじみ)

前にちらっと書いたけれど、先週から仕事の人員配置が変わって、私は燃料電池の信頼性を評価するチームに入ることになった。なにしろ世界に前例がない商品を世に出すのだから、どんな評価をしたらよいかすら分からない状態である。評価すべき項目、パスすべき試験は本当に腐るほどある。それをわずか4、5人のチームでこなそうというのだから、必然、今までよりも忙しくなる(笑) 今までは「家に持ち帰って仕事をすることだけはやりたくないな」と思ってたけれど、そうも言ってられない状況に陥ったらしい。実は今日も、さっきまでデータをまとめていた。新しい机がもうすぐ届くし、家のほうが案外リラックスできるかもしれないけどね。

そんなこんなで10月はほとんど何もできなかったけれど、こっそり(?) Ubuntu 7.10 だけは試すことができた。。こういう OS とかってまずコードネームがかっこいいんだな。CPU とかもそうなんだけど。 Ubuntu 7.10 は Gutsy Gibbon 。意味が分からないね。ちなみに Ubuntu 自身の意味も、FAQのページには「美しすぎて英語に訳せない」(too beautiful to translate into English) と書いてあったりする。そんな大げさな、と思ったのは私だけではないだろう。

まぁ名前のことはさておき、その機能はと言うと、これがなかなか使える代物だった。まず Live CD 1枚で起動できるというのは結構うれしい。何かの拍子に XP がクラッシュしちゃった時なんか、この1枚があればとりあえずパーティションの変更とかも簡単だ。併せて NTFS に標準でアクセスできるから、ファイルを退避させることも簡単。普段から使おうと思ったら HDD にインストールして使うわけだが、その操作もなんら難しいことはなかった。そして面白いことに、3Dデスクトップやらなんやらを取り扱う Compiz Fusion もほぼ標準で入っている。 Fedora 7 の時のような面倒な作業をしなくても楽しいデスクトップを体感できる。お遊びだけじゃなくて、Vista と同様のウィンドウのプレヴュー機能なんかも追加できるので、作業性もよろしい。誉めてばかりなんだけど、はっきり言って悪いところってのがあんまりなかったね。 Ubuntu はアップデートも早いし、今後がかなり期待できる。でも12月に出る Fedora 8 も変更規模が大きそうで、こちらも楽しみだ。