まぁ平和ならば、良いんだけども。

辞めないで、と言われて踏み止まるくらいなら、最初から言うなよ、と国民の半分以上が思っただろう。

だんだんと寒くなってきたね。もう暖房の季節かな。こないだ京都駅前のビッグカメラで、洗濯機と食洗器を買ったんだけども。洗濯機は分かるとしてどうして食洗器ってあんなにも高いんだろう。そこそこのものを買おうとしたら最低5万はする。絶対もっと安く作れると思うんだが。無印でパソコンを置くための机と椅子も買ったし、今月すでに20万近く使っている。もしかして私はお金を貯めることが苦手なんじゃないか、と最近気づいた。でもお金をつぎ込むわけような趣味があるわけでもなく、その点はバランスが取れていると言える。それにしても、今の仕事では数十万~数百万のでっかい装置や測定機器を買いまくってるわけで、正直購買の感覚が麻痺しがちだね。これは、会社の金で私物を買う人がいるのも頷ける。気をつけないと・・・。あと我が家に必要なものといえば、2台目のエアコン、掃除機、くらいだろうか。ぼちぼち揃えることにしよう。

大連立をもちかけたのは誰か、ということで最初は小沢さんだと報道してた各誌が、ほんとは渡邉恒雄だった、と言っているのに、読売だけがそのことをスルーして他のどうでもいい記事を書いてて笑えたな。大連立をもちかける、ってのは報道できないようなことなんだろうか。まぁ立場的には一民間人である人が、口出しするのは良いイメージではないか。報道できないことだと思うんなら最初からやるなよと。話が飛ぶが、最近この「~するくらいなら最初からやるなよ」と思う機会が多い気がする。沢尻エリカとかいう人が謝ってたのもそう。謝るくらいなら最初からあんな態度取らなきゃいいのに。きっと本人もそんな叩かれるとは思ってなかったんだろうな。私はあーいう態度が失礼だとは別に思わないが、許せない人が多かったということかねぇ。すべては本人の認識、見積りの甘さが原因か。日本人の危機管理の甘さは今に始まったことじゃないけども。あるいは、あーいったことが話題になって何日にも渡って報道されるほど、この国は平和だということか(笑)

さて、話を戻すが、今回の話で読売がどういう会社かってのが見えた人が多いだろう。かといって朝日も数字とか適当に捏造するから信用ならんのだけどね。いつも思うんだけどマスコミってどうしてあんな態度がでかいんかねぇ。誰かの謝罪会見や、新聞の社説にしてもそうで、まぁ論じるほど読み続けてるわけでもないんだけど、とにかく偉そうな態度が目に付く。うん、私がマスコミを好きになれないのは、単純にその偉そうな態度が気に入らないだけかもしれないな(笑)

広告

“まぁ平和ならば、良いんだけども。” への 2 件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中