ヴァレンタインチョコを味わってみたり。

Every problem has a gift for you in its hands.

どうもこんばんわー。

先日、2/14はヴァレンタインデーということで、由来も何も知らないけれども何故かその日は女性が意中の男性にチョコを贈る日ということになっている。まぁ残念ながら貰える見込みのない男性にとっては全くただの平日というか、それどころか逆に大いに気分を害する日と言えるかもしれない。私の場合は幸か不幸か既婚者であるがゆえに、例年奥さまからチョコを頂けることが多い。

ところで、周囲の特に若者を見てると、そのときだけやたらと高級なチョコレートを買ってみたり、あるいはすんごい手間ひまをかけて自作のチョコレートを仕立ててみたり、なんというかチョコという対象にそんなにお金と時間をかけなくても・・・という気になったりする。

もちろん贈る側は好きで、それなりに価値があると思ってやっているのだろうが、受け取る側は少々重たかったりするんじゃないかなぁ・・・?

そんな私の意をおもんぱかったのかどうかは不明だが、今年はこんな感じのものを頂いてしまった。

IMG_0429

どうやら今年のテーマは、市販チョコの盛り合わせ~イオンモールお菓子コーナー風味~らしい。どれもこれも、普通にとっても美味しそうだ。何しろこれらは普通に毎日すごい数が作られ、売られているはずだ。美味くないわけがない、まさに鉄板のチョイスと言える。

似たような味の系統ばかりだと飽きてしまうことを懸念したのか、通常系やホワイト系、ナッツ組み合わせ系とヴァリエーションも豊富だ。しかも森永、グリコ、明治、ロッテと名だたるメーカーから各1品ずつチョイスされている。仮に私が特定のメーカーにアレルギー反応を示すようなひねくれた人間であったとしても、その被害は最小に抑えられる、というわけだ。

そんな常日頃には決して見られない細やかな配慮にはもう甚く感謝するのみである。

「これって、いつでも食べられるよね」

とか

「なんか普通だね」

とか、仮に良い意味で思っても決して口に出して言ってはいけない。たとえ批難する意思がこれっぽっちもなくても、批難と受け取ってしまう人が世の中にはいっぱいいるのだ。私はその辺はもうみっちり機械学習できているのだ。舌禍断つべし。たとえイオンモールで買おうがコストコで買おうが構わないのだ。普通に美味しいのだから。こういう時に言うセリフは大体決まっている。

「○○ちゃん、いつも色々と、ありがとうね」

でわ、またね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中