カテゴリー別アーカイブ: 日々の戯言

ヴァレンタインチョコを味わってみたり。

Every problem has a gift for you in its hands.

どうもこんばんわー。

先日、2/14はヴァレンタインデーということで、由来も何も知らないけれども何故かその日は女性が意中の男性にチョコを贈る日ということになっている。まぁ残念ながら貰える見込みのない男性にとっては全くただの平日というか、それどころか逆に大いに気分を害する日と言えるかもしれない。私の場合は幸か不幸か既婚者であるがゆえに、例年奥さまからチョコを頂けることが多い。

ところで、周囲の特に若者を見てると、そのときだけやたらと高級なチョコレートを買ってみたり、あるいはすんごい手間ひまをかけて自作のチョコレートを仕立ててみたり、なんというかチョコという対象にそんなにお金と時間をかけなくても・・・という気になったりする。

もちろん贈る側は好きで、それなりに価値があると思ってやっているのだろうが、受け取る側は少々重たかったりするんじゃないかなぁ・・・?

そんな私の意をおもんぱかったのかどうかは不明だが、今年はこんな感じのものを頂いてしまった。

IMG_0429

どうやら今年のテーマは、市販チョコの盛り合わせ~イオンモールお菓子コーナー風味~らしい。どれもこれも、普通にとっても美味しそうだ。何しろこれらは普通に毎日すごい数が作られ、売られているはずだ。美味くないわけがない、まさに鉄板のチョイスと言える。

似たような味の系統ばかりだと飽きてしまうことを懸念したのか、通常系やホワイト系、ナッツ組み合わせ系とヴァリエーションも豊富だ。しかも森永、グリコ、明治、ロッテと名だたるメーカーから各1品ずつチョイスされている。仮に私が特定のメーカーにアレルギー反応を示すようなひねくれた人間であったとしても、その被害は最小に抑えられる、というわけだ。

そんな常日頃には決して見られない細やかな配慮にはもう甚く感謝するのみである。

「これって、いつでも食べられるよね」

とか

「なんか普通だね」

とか、仮に良い意味で思っても決して口に出して言ってはいけない。たとえ批難する意思がこれっぽっちもなくても、批難と受け取ってしまう人が世の中にはいっぱいいるのだ。私はその辺はもうみっちり機械学習できているのだ。舌禍断つべし。たとえイオンモールで買おうがコストコで買おうが構わないのだ。普通に美味しいのだから。こういう時に言うセリフは大体決まっている。

「○○ちゃん、いつも色々と、ありがとうね」

でわ、またね。

広告

遅ればせながら、新年の挨拶。

The proof of the pudding is in the eating.

どうもこんばんわー。そして、2018年! 明けましておめでとーございます。今年もまったりブレソや雑談を上げていくと思うので、お付き合いのほどをよろしくお願いしまっす。m(_ _)m

幸いにも私の周りでは特にトラブルもなく過ごせた2017年でしたが、皆さんの2017年はいかがでしたかねー? 知らない人もいるかもしれないので念のために言っておくと、この2017年はもう二度と来ないからね! 何があったかちょっと振り返ってみると・・・。

トランプさんの大統領就任、韓国大統領は失脚(はいつものことか・・)、北朝鮮は相変わらず、安倍さんは総選挙勝利、仮想通貨は躍進、そして来年には改号が決定。

科学界隈では何があったかなー。重力波検出のLIGOがノーベル賞か。AlphaGOとか、AIや機械学習の進展もすごい。それにPEZYの残念な事件・・・。

あーしてれば、こーしてれば、と振り返りたくなったとしても、もう気を持ち直して2018年に注力していきたいね。果たして今年は、何がどーなるかなー? 冬のオリンピックはあまり盛り上がらなさそうだけど、サッカーWCはちょっとは見るかな。量子コンピュータが今よりも少し身近になるだろう。望月さんのABC予想の解決がそろそろ認められるかもしれない。HUNTER x HUNTERも10話くらいは進んで欲しい(願望)。

ブレソは、韓国との差を1~2ヶ月くらいまで縮めて欲しいけどなー。無理かなー(笑)

でわ、またね。

極値判定問題

Find the Hessian matrix in your life.

どうもこんばんわー。いつの間にが1月が終わりかけている今日このごろ。昨日は有休を取って午前中に自動車免許更新、午後からは子どもの制服採寸とやらに行ってきた。

京都市の免許更新は、今までは多くの人が伏見区羽束師(はづかし)の運転免許試験場に行っていたと思われる。私も(恐らく)2回ほどは行ったハズ。またこの試験場とやらに行くのが超めんどいんだなー! 駅からもだいぶ離れてるし・・。

それがなんと去年の9月から、京都駅近くにできた免許更新センターなる場所でできるようになっているのだ。ゴールド免許と高齢者限定だけどね・・・。世の中ちょっとずつ便利になってくもんだなー。

行ってみたら平日なこともあってか利用者はそんなに多くなく、同じタイミングで講習を受けたのは20名程度。逆に結構な数の職員が待ち構えていて、番号によってルーチン化された健康診断みたく次から次へと流れ作業で更新手続きが進んでくれて・・・。9時半過ぎに行って更新&講習30分を受けて10時半過ぎには解放されるという素早さ。

それもこれもゴールド免許を維持できてるお陰だ。マジメな人に対するご褒美としては良い制度かも?

午後からの制服採寸というのは、まーよくある話しで実際の採寸は1分で終わるんだがそれのために1時間近く並んで待つという一体何の苦行かとボヤきたくなるイベントだった。ただ各々の家庭の考え方によって、サイズピッタリの物を買ったりすごくブカブカの物を買ったり色々好みが別れるから、子どもと教職員だけでは決められない、という建前なんだろな。有り体に言えばクレーム対策・・・。

面倒だと感じることでも、仕方なしでもやる必要がある。歳を取るにつれてだんだんとしがらみが増えていく。まぁでももっと年寄りになったら子どもらも影響がなくなるから、また自由度が上がることも期待される。そういう意味ではポテンシャル的には双曲面の鞍点くらいが今の立ち位置かもしれない。

そう、いつだって決してポテンシャルの底というわけではない。楽な経路を探そうと思えばいくらでも見つかる。だからすごく疲れたときはそれもありだろう。でも一度低い位置に行くと、元に戻ろうにもそれなりのエネルギーがいる。気持ち的にも、楽なことに味を占めてしまうかもしれない。

目指す地点を持つというのも大事だけど、ときには今の自分の立ち位置、そして周りの勾配を確認するのも良いかも知れない。坂道を登るのか下るのか、あるいは平坦な道を行くのか。自分次第だね。

でわ、またね。

At the end of the day

 人権には、「いつでも好きなときに死ぬことができる権利」も含まれる。

先日に調べた血液検査の結果によると、どうやら私の腎臓がサボタージュしていて、腎機能が5割ほど低下しているらしい。血液検査をどこまで真に受けるべきかという気もするし、いつ死んでも後悔がないように好きに生きているから別に良いんだが、たまには感傷的な気分のままに個人的な、徒然とした話しなどもしてみよう。

インターネットが世の中に出始めたのがいつ頃か知っているだろうか? ちょうど Windows95 が出て家庭内にPCが普及し始めた、1995~6年頃だ。今からほんの20年前にはネットなるものは存在していなかったに等しい。Google も Wiki もない時代に人はどうやって調べ物をしていたか? 人に聞くか、本を買うか、図書館などで調べるか、だった。それでも分からず、かつ、どーしても知りたい時は自らやってみる。生まれた時からネットがあって、どこかしらに誰かの答えがあるのが当たり前の若い人たちにはあまり理解できないかもしれない。

20年の間に色々なものが流行り、廃れていった。変わってないものを探すのは非常に難しいが、例えば2chのような匿名掲示板群は、今も昔もほとんど変わらないように見える。相も変わらず数学板では、「マイナス × マイナス = プラス となるのはなぜか?」なんてスレッドが立ち、物理板では「飛行機が空を飛べるのはなぜか?」なんて話題が出る。きっと30年、40年経過してもなお、こうした掲示板では時が止まっているかのように同じ議論が繰り返されるのだろう。そこだけを切り取って100年200年過去の人に見せると、人類はほんと馬鹿だなぁと思うかもしれない。

子どもの頃から算数、数学が好きで、小・中・高とそればっかり勉強してきた記憶がある。ただ高校後半や大学にもなると数学がどんどん抽象的になって、現実的な事象へのアナロジーが難しくなってしまって、少しだけ興味が薄れた。その代わり、数学という道具を必要な分だけ上手く使う物理学や化学の興味が強まり、大学は物理学を専攻した。そういう経緯から、気が向いた時にチラチラと2chの物理板や数学板を眺めたりもした。

その物理板の有志が制作したと思われる、私もとても気に入っている Flash がある。既に Flash というコンテンツも世の中から消えつつあって各種ブラウザではブロックされてしまうこともあるので、 MP4 に変換してアップしてみた。1分程度で、とても面白いと思うので見て頂きたい。

いかがだろう、面白いと感じただろうか? 何が面白いのかサッパリ分からない、という人もいるだろうし、それはそれで仕方ないとは思う。

なんで私がこれが好きかというと、物理学という学問、そして物理屋という人種の特徴を非常によく表していると思うのだ。それは敢えて文章化するとしたら、

  • 既存の知識を流用したがる
  • 視点を変えたがる、客観的に見たがる
  • 明らかに可能性が低いものまでも、考慮したがる
  • 一般化、普遍化、抽象化せずにはいられない
  • 本来の目的を見失っても、何かしら結論が得られるととても満足する

といった感じだ。多くの人にとって極めてどうでも良いことを謎だと思い込み、不思議だ、なんでだと騒ぎたて、自分なりに納得ができる答えや解釈を見つければもうそれだけではっぴー。

もちろん学問である以上、ひたすらに独りよがりというわけにはいかず、実験できる範囲では実験して確からしさを調べはする。でもそれが容易にはできないこともしばしばある。そんな時に他人が少々疑問を呈したくらいでは歯牙にもかけない。なぜならその問題に対しては、自分が誰よりも世界で一番深く考察してきたという自負があるからだ。(これは大げさではなく、実際そうであることが多い)

恐らく客観的にみて、私も大体そんな性格で、きっと死ぬまで変わらないだろう。なのでもし私の言動で不愉快に感じることがあったとしても、「まぁ変な奴も世の中にはおるからな」程度に考えて、極力労力を使うことなくサラッと離脱してもらいたい。それをしないと自我を保てないかのように罵詈雑言を撒き散らす人もいるが、他人を攻撃して得られる満足感というのはとても虚しいものだ。

さて、死ぬまでにあとどれくらいのしょーもない不思議を見つけて、解決した気になって、自分だけの満足を得ることができるだろうかね。世の中には嫌なことも多いがそれ以上に楽しいことがある。だから私は今日も生きるのをやめないのだろう。

でわ、またね。

Tales of Predatory

結婚するメリットを1つ挙げるとすれば、今よりももっとひどい相手と結婚する選択肢がなくなる、ということだ。

-民法732条 重婚の禁止-

どうもこんばんわー。ブレグジットどころじゃなく日本(の一部)を震撼させている、御伽ねこむさん・藤島康介さんご結婚の話題。

いやー、特にファンというわけではないけども、おめでとうございます。

それにしても絵がうまいとか歌がうまいとか、何かしら一芸に秀でているというのはほんとにモテる要素だなーと思う。31歳差とかね、なんてうらやまけしからん話しだろうね。芸術的センスを持ってる人はワンチャン期待してアグレッシブに行くべきだよ、これは。

でもあまりに肉食系過ぎても色々と破綻しちゃう可能性があるからね。ちょうどタイムリーな記事も出てたりして。

カマキリのオスのざっくり1/4は、行為後に栄養にされちゃうらしい・・・。

に、人間はどうだろう? 私の見たところでは既婚者のうちの1~2割の男性は、女性にギリギリまでスポイルされてる感じがするから、似たようなものか? まぁでも逆説的にはちゃんと栄養を与えていれば大丈夫、なのかもしれない・・・。

特に他意はないんだけども、お互いに気をつけたいもんですねぇ・・・(白目

でわ、またね。

似非科学もほどほどに・・・。

何に価値があるかは自分が決めれば良い。誰かと共有する必要などどこにもない。

どうもこんばんわー。なんか最近は梅雨入りもしてないのに雨が多くなって、気分も少し滅入っちゃうねぇ。仕事のほうも早めに片付けたい案件ほど色々なトラブルで一向に片付かず・・・。まぁ少しずつでも前に進むしかないんだが。

今日は、最近気になったニュースについて少し考えよう。

話題の「水素水」 かつてブームを巻き起こした「あの水」と同じだった…

今更な感もある「水素水」。こういうのを何かしらの健康効果があると信じて飲んでる人も意外とたくさんいるんだもんなぁ・・・。

素朴な疑問だが、こういうのを信じる人達が何故か水モノばかり重要視して、例えば水素ガスを直接吸ったりしないのは何か理由があるんだろうか? 1Lにせいぜい1mgしか溶けない水素を有り難がるのなら、水素ボンベの水素を1回深呼吸したら良いと思うんだがね・・・。水に溶けている、肺ではなく胃に入る、というのが重要なのかな? 糖分なんかと同じく胃を通って腸で吸収されて体内に行き渡る、と思ってるんだろうか・・・?

ちなみに私自身は、誰のどんな発言であれ、具体的なエビデンスがないものは基本的に真に受けないという考えなので、こういう商品も買うなんてことはまったくあり得ない(なお付け加えると、仮にエビデンスが提示されていても、それが嘘である可能性を織り込んで行動はする)。

でも人間の健康って体だけでなく精神状態も含めてのもんだから、常に偽薬効果というものが有り得るのも事実であり、また100億人に効果がなくてもその当人のみ効果があるという可能性もなくはない。なので当人が自分のお金をつぎ込んで盲信する分には、別にわざわざお節介に止めようとも思わない。

これは余談だがR18な漫画などでたまに見る、最初に媚薬なんかで嫌々SEXをしてその後も薬の効果だと思って感じてしまってたのが実は途中からはただのビタミン剤で感じてたのはお前が淫乱なだけだぜウヘヘヘってシチュエーションは、大いに有り得るんじゃないかと私は思っている。感度とか官能的なところは、それを許容して甘受するかどうかという意識的な要因が大きい、というのが私の経験上の意見だ。


STAP現象の確認に成功、独有力大学が…責任逃れした理研と早稲田大学の責任、問われる

去年だったか?に日本を賑わしたSTAP細胞と小保方さん。今年の3月にドイツ・ハイゼンベルグ大の研究者が発表した論文を見て、「やっぱりオボちゃんは間違ってなかった!」って狂喜乱舞している人らが極一部にいるようだが・・・。

「・・・STAP細胞はありまぁす!」

がシンボライズされすぎているが、そもそもSTAP細胞なるものが有るとか無いとか、ただそれだけを主張したところで全く何の意味もないわけで。そんな有り無しを言及することに価値があるなら私でも、例えば常温超電導体やらホワイトホールやら5番目の力やら地球外知的生命体やらが存在する!って言うよね。

そうじゃなくて、小保方さんが否定されたのは彼女の主張通りにやっても誰も何も出来なかったことが問題なのであって、「STAP細胞なるものはこういう方法で作れて、それはこういうメカニズムで、こういう手順を踏めば再現できて」なんていうことが重要なんで、仮にこの研究が今後実用化まで至ったとしても、彼女の名誉は1mmたりとも回復はされない。

再現性やら統計的有意性がないものは科学ではないし、事業性や収益性がないものは実用足り得ない。卑金属を貴金属に変えるという錬金術は、今ならやろうと思えばできるが誰もやる人はいない。彼女を擁護したい人は、彼女が一体何を成し得たのかを客観的に考えたほうがいいだろう。

でわ、またね。

能ある鷹は人前に出ない

1人前になるというのは、分からないことを人に教わるより自分で調べたほうがコストがかからない、と思うようになることだ。

どうもこんばんわー。3月というのは寒暖の差が激しくてほんと過ごしにくい。週の前半は雪が降って後半は20℃の陽気とかほんとやめてほしいわ・・。仕事もそれなりに慌ただしいので体調には気をつけたいね。

ブレソは引き続き充電期間かな? 過充電で暴走しちゃわないかな? まぁ少し仕事が忙しい私からすると大した問題ではないのだけど。ストレスが溜まってる人は気分転換に別のゲームでもやるといいかもね。

はるぽん(上の子)が小学校で故事成語・慣用句なんかを調べて発表する授業をしたそうだ。グループごとにテーマ別(?)で色々と調べるみたいな。彼の担当は「鳥」が入った慣用句。

鳥類を含んだ故事成語・慣用句、ねぇ・・・。皆さんは何を思い浮かべるだろうか?

私が一番に浮かんだのは、「燕雀安んぞ鴻鵠の志を知らんや」ってやつだ。これは私の好きな言葉の1つ。なんと4種類もの鳥が出てくる。これらの種類説明をしているだけで1分は潰せる。軽く理科的な話題で文系嫌いな子どもたちの興味を掴む。「いずくんぞ~~や」なんて古めかしい表現も良い。どこまで小学生に伝わるかは知らんが、極めて教育的だ。

出典も文句ない。2000年以上前に書かれた史記なる文書が今に伝わっているというのは凄まじいことだ。聖書的な価値がある。10年後には唄った当人ですらも覚えてないであろう、今の世にはびこるクソみたいな音楽とは大違いだ。

意味も素晴らしい。自分が他人に理解されない理由がこの一言で完璧に説明される。無限の可能性を秘めた若者たちにうってつけの言葉だ。

鳥と言えばそんな素晴らしい例があるにもかかわらず、だ。その授業出てたのは・・・

  • 鶴は千年、亀は万年

・・・いや、その言葉特に意味ないよね?  人類の歴史が高々2000年だから誰も観測できてないよね?  それとも、高齢者を大事にしましょう的な意味なんだろうか?  少なくとも日本ではもう十分すぎるほど優遇されてるよね。

  • 雉も鳴かずば撃たれまい

・・それわざわざ小学生に言う必要ないよね? そんな小さいうちから同調圧力的な教訓を示唆してどーするよ。

  • 鳴かぬなら殺してしまえホトトギス

・・・うーんw こういうどーでもいいエピソードみたいなんが取っ付きやすくて受けるのかなぁ。絶対本人が言ったと勘違いするやつがおるだろうな・・・。

などなど。まぁウチラがやってた授業も覚えてないけど、そんなもんだったのかなぁ・・・。教育ってムズカシイよね・・・。

でわ、またね。