一言多いのが私の仕様です。

たまにはAcademicな話をしましょう。私のことをよく知らない人がこのページを見て、私を馬鹿だと思ってもらっては困りますのでね。時折こういう話を織り交ぜることでコアでパーソナルな女性のハートをがっしり鷲掴み(死語)。私の女性ファンも増えるし、我がクランの女性メンバーも増えて良いことづくめです。むふふ。

地球のある地点から、地球の中心に向かって地面を掘っていってその裏側にまで貫通する地底トンネルがあったとしましょう。日本から掘ったら南米のどっかに出るのでしょう。ここでそのトンネルの片方の入り口から、物体を静かに落下させたとします。当然初速度ゼロで地球の中心へと落ちていくこの物体は、その後どういう運動をするのでしょうか? なお、空気との摩擦などのエネルギーの損失はないものとします。

これは厳密にやろうとしたら大学院入試問題のレベル(類似の問題が東大院試でありました)なのですが、ある程度直観できる人もいるでしょう。答えは地球の中心を中心として、一定の周期で単振動します。つまり、日本から静かに手を離して落下させたボールは最初グングン加速して地球の中心を最高速度で通過し、その後だんだん減速して裏側に出たとき、速度はゼロとなります。するとそこで誰も触らなければ、またボールは中心へと落ちていってもとの場所に戻ってくる。その繰り返しとなるわけです。じゃあその周期、すなわち往復に要する時間はどのくらいなのか? という問題が今年の東大の物理の問題でありました。単振動となることを厳密に示すのは大学レベルですが、単振動になるとしてその周期を求めるのは高校レベルというわけです。まぁこれを頑張ってカリカリ計算しますと、

T/2=π√(R/g)

となります。Tは周期、Rは地球の半径、gは重力加速度です。Rとgを代入すると、

T/2=2.54×10^3 (秒) ≒ 0.71 (時間)

です。これはつまり、地球の裏側に行くのに、このトンネルに静かに落ちれば0.7時間で行くことができちゃうわけです。・・・とまぁ、ここまではほとんど単なる数学であってあんまり物理をやっていませんね。この意味をもう少し考えてみましょう。確かに地球の球面に沿って裏側に移動するより直線距離で移動したほうが早いですが、このトンネルの移動は全く動力を必要としていません。何もエネルギーを使わずに1時間もしないで裏側までいける、そんなことがありえるのでしょうか。常識的な人は信じられないかもしれませんが、この計算は本当にどこにもミスはなく、摩擦などがないと仮定すれば実際こうなります。なぜこんな事が可能なのかを説明しろと言われると結構難しいですが、これは一言で言ってしまえば地球の重力のおかげです。つまり、地球が重たい(正確には質量が大きい)のでこうなってしまうのです。質量が大きい物体はそれだけ自分の周りに強い場を形成します。そのポテンシャルに乗っかることで上のような移動も可能となるのです。質量が大きいとは、とても良いことなのですね。

いかがでしょう、これを読んだら人よりもちょっと質量が大きい女性も勇気が湧いてきたのではないでしょうか。ただしあまりに質量が大きすぎると、今度は心理的なポテンシャルがネガティブに利いてきて、上記の効果がキャンセルされますのでご注意あれ。これからもちょっと質量が大きい女性の味方である私を応援よろしくお願いします。

慣れれば男のもアリですよ。

私が昨日、あれほど論理的に私の行為がパクリではないということを説明したというのに、未だにそれを信じようとしないばかりか、「あんなクソ長い言い訳はいらんから、まじで」などと内心で思っておられる方もいらっしゃると思います。勿論、閲覧者が何を感じて何を思うかは自由なのですが、それを公に発言する際には細心の注意を払って頂きたいものです。ペンは剣よりも強し、という言葉もあるではありませんか。私はとても繊細で傷つき易い人格ですので、皆さんの言葉のナイフには耐えられそうもありません。

というわけでお願いですから男が着るベルベットコートはきもい、とか言わないで欲しいのです。ましてやSSをとってUploaderに掲載するなんぞ言わずもがなです。(ちょっとこの言い回し使ってみたかったんです)
きもいと思うのはそれは仕方のないことかもしれませんが、それを声高に叫ぶ前に、着ている本人の気持ちを考えてみたらいかがでしょう。私が普段からどれだけオカマ言葉にならないように人知れず葛藤していることか。もう本当に涙がでるくらいです。(これも今、もう私、涙がでちゃいそう!と言おうとするのをなんとかこらえました)

みなさんが知らないところで持ち主も努力しているのです。見る側も寛容さが必要だと思います。

ユーザビリティとかも考慮してるかもよ。

マルセル・デュシャン。20世紀にもっともインパクトを与えた芸術として、ピカソのゲルニカを抑えて1位に選ばれた彼の「泉」をご存知の方も多いでしょう。男子の小便器にサインをしただけのこの作品は、斬新であるとかの以前にそもそも芸術として成立するのかという議論を巻き起こし、当時は出展を拒否されたそうです。他にも彼はモナリザにヒゲをつけたした作品「L.H.O.O.Q」(続けて読むとフランス語の’elle a chaud au cul’と聞こえる。意味は、彼女は尻が熱い=淫乱)や、自転車の車輪をはずして台の上においた「車輪」などを残しています。

これらの作品の根底にある彼の思想はレディ・メイドと呼ばれ、それは「新しい作品を作るのではなく、既製品を選び取ってそこに新しい意味、観点を付加することもまた芸術作品でありうる」というものです。これはなかなかに興味深い話です。たとえば最近、ミュージシャンの間で盗作が云々というのがありました。謝る人もいれば疑惑のままで終わっている人もいますが、以前に発表された詩、曲を再度用いるということに対して多くの人が批判的であるだろうと思います。ところで、少し前にあるグループが山下達郎のクリスマスソングをラップ調で歌うというものがありました。これはそこそこの好評であったかと思います。これは著作権所有者に許可を取っている、いないなどの問題ではなく、再度用いるときにそこに新しいものを付加しているかどうかではないかと思うのです。

というわけで前置きが長くなりましたが、この戯言の見た目は思いっきり「裏ッチック」さんのものと同じですが、私はその優れた既製品を選び取ってそこに新たな価値を付加する予定ですのであまりパクリとは思わずに大目に見て頂きたいと思うのです。(結論)

我慢できないときもしばしば。

24のシーズン2をとうとう観終えました。と思ったらなんですかあの終わり方。今度は私にシーズン3を観させる計画ですか。また私を24時間拘束するつもりですか。最近はネットに繋がらなくなったり鯖落ちがあったりで結構手が空くことが多いのにHP作成が遅々として進まないのは間違いなく24のせいです。しかし私の作業が遅いのは今に始まったことじゃないので特に期待している人もいないでしょうし、のんびり完成にこぎつけたいと思います。

ところで余談ですが、私が遅いのは作業だけではありませんよ。色んなものが遅いのです。回数でしか勝負できない人とは違います。どうです、うらやましいでしょう。(何が?)

余談の余談ですが、ごめんなさい。自分がそう思っているだけの気がしてきました。そして、お互いのために演技はやめて頂きたいなと常々思っているのです。

てへっ、じゃねーよ。

皆さんはコンビニのトイレを利用されたことがあるでしょうか。私はといえば、本屋で本を物色してたら必ず便意を催してしまうという人間なので、本屋をやや急ぎ足で出た後に近くのコンビニに駆け込むことが常なのであります。すると最近は徐々に改善されていますが、それでも田舎のコンビニなんぞはまだトイレが1つしかなく、男女兼用みたいなところが結構あります。まぁ鍵をかければ何も問題はないのでしょうけど、やはり少し緊張しながら用を足すことになるんですよ。さて、目的を達してトイレを出ようとしたそのときに事件は起きました。

私が颯爽とトイレのドアを開けまして外に出ようとしたら、ちょうどトイレに来られた女性とかち合ったのですね。ところがその女性の驚きっぷりが半端じゃない。私が思いっきりその行為の最中ならともかく、綺麗に身なりを整えているにも関わらず驚愕の目で私を見詰めます。彼女がそんな表情を取った理由を私は一瞬でいくつか挙げてみました。

  1. 私の顔に何か付いていた。(日常的です)
  2. 私の顔の構造が驚くべきものだった。(SFならありえます)
  3. その表情が彼女のデフォルトである。(可能性がないとは言えません)
  4. 私の後ろに男性がいた。(ホラーです。色んな意味で。)

しかし理由を想像して見詰め合っても詮無きことですから、私のほうからトイレを譲りつつ、紳士的に語り掛けました。
「どうかされましたか?」
ところが彼女は何も言わず、私が出たトイレに入ることもなくその場を立ち去っていきました。これは私にとっても心外です。私の後のトイレは使いたくないということでしょうか。いったい何がいけないというのでしょう。

男子トイレが向かいにあるのに、女子トイレに入った私がいけなかったようです。てへっ。

だったらするなよ、と。

キャッキャウフフと楽しそうなPTを横目に、自分はソロで細々とチルウィン狩り、とかけまして、結構気合を入れた月9なのにあまり芳しくない視聴率、と解きます。
その心は・・・不機嫌なジイン。。

・・・あれ? だめ?

ここで少々大胆な告白をさせてもらうと、実は私はアダルトビデオというものを全く見ません。それはすぐそばに生身の女性がいるからそんなものを見る必要がない、などという生温い理由ではなく、はたまたAV借りるのがどうしても恥ずかしいの・・・(ポッ)などという思春期の中学生のような理由でもありません。

モザイクが嫌いなんですよ。まぁ逆にね、「自分は三度の飯よりモザイクが好きです!」ていう人もなかなかいないとは思うんだけど、そもそもあのモザイク処理って、なんで必要なの?って話ですよね。猥褻図画頒布がダメだという法律があるけど、モザイクがかかっていれば猥褻じゃなくて、かかっていなければ猥褻って、短絡的すぎない? しかも今の時代、見ようと思えばネットにはいくらでも転がってるわけだからねぇ。だいたい生殖なんてのは動物の本質的な行動なのにをそれを隠して・・・

おっと。これ以上熱く語ると馬鹿と思われそうなので自重いたしますが、とにかくモザイク処理された画面を見てても、何も興奮しない。・・・うん、「何も」ってのは言いかな。少しは興奮するかもしれない。でもそれ以上にいらいらするばかりで、全然、その行為に没頭できない。

これがいわゆる、不機嫌なジイ・・・。なんちゃって。あひゃひゃ。

・・・あれ? だめ?

問題解決・・・?

ソースとCSSを睨めっこしながらほぼ解決にこぎつけました。というのも、IEでは問題なくセンタリングできていたのだけど、なぜかFirefoxだとできなかったんですね。tableをdivで囲んでそのdivをセンタリングしても、tableの中身のテキストがセンタリングされるだけでtableの位置は左のまま。しょうがないので直接tableに書きましたよ。classを呼び出したいのに、動いてくれないのはどうしてでしょうかね。

しかしあんまり完璧主義になっても作業が進まないので、体裁よりは実用性ということで。あと残っているのは掲示板関係ですが、メンバー紹介にはなかなか秀逸なcgiがあるようなのでそれを使わせてもらう予定です。skinがRO用なのでROSE風に少しhtmlを書き換えないといけませんが。